【未就学児も楽しめる!】八景島シーパラダイスの年間パスポートを買ってみた!

レビュー
Sponsored Links
ずぼらーまま
ずぼらーまま
こどもが出来てからシーパラの素晴らしさを再確認したずぼらーままです。

私にとってシーパラの魅力はなんといっても、

人が少ない(特に平日)

これに尽きる笑。

↑人気がないとかではなく、敷地が広いので比較的は空いているように感じます

特にコロナ禍、ソーシャルディスタンスが叫ばれる中、安心して子供と遊びに行ける貴重なアミューズメントパークです。

シーパラが未就学児におすすめの理由

特に平日は空いている→待ち時間が少なく、待てない子供とでもストレス少ない
乳幼児用設備(トイレ・授乳室・キッズメニュー)が充実
未就学児の楽しめるアトラクションや施設があり!

私と子供2人だけでも施設がファミリー向けに整っているので、ストレス少なく安心して遊びに行けるので助かっています。

年パスの魅力

良心的な価格!年間11,000円

大人ワンデーパスの金額が5,000円なので、2回シーパラに行けば元が取れてしまいます。

しかも、子供は3歳まで無料です。

3歳までの子供なら、大人1人分で子供と一緒にかなりお得になります。

お友達で年パスもっている子がいれば、紹介制度で500円割引になります。
ずぼらーまま
ずぼらーまま

購入時にお友達がいなくても、名前と誕生日を伝えればOKです!

年パス購入者限定!駐車場料金割引あり

年パス購入者だけに5枚セットで4,300円で購入できます。

基本シーパラの駐車場は、1日1,500円という料金設定です。しかし、年パス購入者だけに5枚セットで4,300円で購入できるので、1枚860円ととてもお得になります!

※使用できる駐車場はA駐車場のみです。

2022年1月31日(月)~3月11日(金)の期間、マリンゲート(A・B・C駐車場方面の入口)のエレベーターは、更新工事のため終日利用できません。(階段・上りエスカレーターは通常通り利用できます。)行きはエスカレーターがありますが、帰りは階段のみとなります。
車イスやベビーカーをご利用の方は、八景大橋(八景島駅方面)を利用をおすすめします。

水族館とアトラクション両方に使える!

アクアリゾーツ(水族館4施設)とプレジャーランド(アトラクション)が、何回でも利用できてとってもお得感があります。年パスカードを見せれば、ほぼどこでも行けてしまうので、毎回チケットを購入したり、利用制限を確認する手間がないのでストレスフリーで色々な施設・アトラクションを楽しむことができます。

ずぼらーまま
ずぼらーまま
水族館のイルカのショーも別料金なしでみれるので、年パスは本当にお得です!

年パス表示でレストランなど食事代金が5%OFF!

年パスを見せると5%割引をしてくれるので、お会計の際に忘れずに提示しましょう!

と言いつつ、子供と食事の際はいつもバタバタでよく提示し忘れ、悔しい思いをしていますw
会計時に「年パス持っていますか?」と聞かれることは今のところほぼないので、みなさん忘れずに食事や買い物の際は年パスを会計時に見せましょう!

ずぼらーまま
ずぼらーまま

たかが5%、されど5%!シーパラヘビーユーザーにはありがたい特典です

その他、年パス購入者限定の特典も色々あるので、詳しく知りたい方は公式ページで確認してみてください!

実際に2歳の息子とシーパラの年パスを利用した感想

水族館

平日時間帯によっては水族館内が貸切状態になるので、子供が思う存分ゆっくり海の生き物を見ることができます。

知的好奇心が刺激され子供に良い影響があることを祈ってますw

周りを気にせずゆっくり子供と鑑賞できます
平日なら最前列でゆっくりみれます
魚や鳥に餌をあげれる触れ合いコーナー
一回100円のガチャポンスタイルで餌を購入
アクアミュージアム4Fで暮らすカピバラさん。間近で小動物をみることができます!

アクアミュージアムだけでも見どころ満載で、2歳の息子も飽きずに楽しめることができました。

アトラクション

私の息子は2歳(身長97cm)ですが、保護者同伴なら、

  • バブルシューティング(水を使ったシューティングアトラクション)
  • フライトイーグル(ワシ型ライドに乗って空を飛ぶ爽快感を味わえる)
  • シーパラダイスタワー(地上90mへ上昇しながら楽しむ360度のパノラマを楽しめる)
  • メリーゴーラウンド
  • レッドバロン(レッド男爵の飛行機で綺麗な景色を楽しめる)
  • パラダイスクルーズ(潮風に吹かれながら約15分間のミニクルージング)

メンテナンスで中止になっているアトラクションもあるなか、5種類のアトラクションを楽しむことができました。空いている平日はスタッフの方が気を利かせて、連続でアトラクションに息子を乗せてくれるサービスもあり大満足で楽しめました!

3回連続で乗せてもらったバブルシューティング
画像わかりづらいですがwフライトイーグル
ずぼらーまま
ずぼらーまま

子供がアトラクションに乗る際は身長を確認がありますが、一回スタッフの方に測ってもらうと、身長シールを保護者の年パスカードに貼ってもらえ、毎回身長確認の手間が省けます。

あそべんちゃあ(全天候型キッズパーク)

水族館やアトラクションもいいのですが、

実は、施設内のあそべんちゃあ(全天候型キッズパーク)目的でシーパラに行くことが多々あります。

デイパスや年パスとは別料金(幼児1,500円、大人600円)がかかってしまいますが、年パス保持者には100円割引があります。

あそべんちゃとは「海・島・生きもの」をイメージした室内にアスレチックやトランポリンなどワクワクする遊具がたくさんあります。0才から9才までの子供とその家族で利用できます。(7ヵ月未満の赤ちゃんは無料で幼児ゾーンを利用できます)

私の息子のお気に入りの場所であることはもちろん、(しっかり保護者が子供から目を離さないとこは大前提で)親の負担が少なくて私も大好きな場所ですw

理由は、

マットなどで安全対策がしっかりされているので、いちいち全ての行動を手取り足取りサポートしなくても、安心して子供をおもいっきり遊ばせることができます。

いつも寒い公園で凍えながら子供といる私からすると、ヒーター完備されている暖かい室内は天国ですw

おもいっきり体を動かして遊ぶのが大好きな子供にとてもおすすめな場所です。

ずぼらーまま
ずぼらーまま

通常90分のところ、平日は時間制限なく1日中遊べるフリープランがあるので、息子は2~3時間ここで体を動かして楽しんで、夜はぐっすり寝てくれるので助かっています!

未就学児とシーパラを楽しむ時の注意点

冬は潮風もありかなり寒い!

冬にシーパラに行く際はしっかり防寒していくことをおすすめします。

海岸沿いにある立地上風が強く、冬の寒さが一段と厳しく感じます。

  • 手袋
  • マフラー
  • 帽子
  • ベビーカー用のレインカバー

などでしっかりと防寒対策をして行ってください。

最寄りのモノレール駅からシーパラまでまぁまぁ歩きます

「シーサイドライン」の八景島駅が最寄り駅となります。駅名が八景島なのでシーパラまで近いのかと思いきや、子供と一緒にゆっくり歩くと10分以上かかりました。

シーパラは体力勝負ですw

シーパラ内も広く、自分が思っている以上に歩きます。また、行き帰りのことを考え、自分の体力配分を間違わないよう、歩きやすく疲れにくいスニーカーで行くことをおすすめします。

最後に

私が高齢ママだからでしょうか、シーパラから帰宅した夜はもぬけの殻のように疲れ切って数日疲れを引きずります。

しかし、

シーパラ年パスは本当に購入してよかったと思います。

コロナ禍でなかなか気軽にお出かけすることが難しいですが、引き続き感染症対策をしながら親子で楽しめる方法を模索していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました