【産後】デリケートゾーン専用商品で黒ずみを改善できるか試してみた

レビュー
Sponsored Links
ずぼらーまま
ずぼらーまま

産後デリケートゾーンと脇の下の黒ずみが悪化した、ずぼらーmamaです。

「会陰切開の傷ちゃんと治っているかなー?」

って久々に自分のデリケートゾーンを確認したら、

ヒエーーーーーーーーーー

めっちゃ黒ずんでるーーーーーーーー
( 」゚Д゚)」<ゲロォォォオオオス

傷はなんとか順調に治っていたのですが、

それより何か見てはいけない、おぞましいものを見てしまった衝撃が走りましたw

もう一生水着は着れないどころか、百年の恋も興醒める・・・

産後はホルモンバランスの関係で、デリケートゾーンや脇の下の黒ずみが一時悪化し、産後ホルモンバランスが整うに連れて治っていくと聞いていたのに、

私の場合、黒ずみは改善しませんでした。チ───(´・д・`)───ン

今回はデリケートゾーンと、見て見ぬ振りをしてきた脇の下の黒ずみを改善できるアイテムがないか調べてみたので、自宅で出来るデリケートゾーンケア商品を紹介したいと思います。

デリケートゾーンのケアで大切な2つこと

  1. 市販のボディソープは洗浄力が強く、なるべくデリケートゾーン専用のソープを使うこと
  2. 顔のお手入れと同じように、洗ったあとはしっかり保湿すること

この2点、意外にやってない人の方が多いのではないでしょうか?

実はデリケートゾーンはまぶたより薄く、外部刺激に弱く、乾燥しやすい箇所。

顔は、メイク落とし・洗顔フォーム・化粧水・乳液・美容液と顔専門のケアをしているのに、顔と同じもしくは顔以上にデリケートな部分のケアを何もしていないのは、よく考えたら不思議ですよね。

根本的な黒ずみケアは時間がかかりますが、特に今までデリケートゾーンのケアを何もしていなかった人は、一点でもデリケートゾーンのケアを普段の生活に取り入れるだけで、結構改善を実感できると思います!

ずぼらーまま
ずぼらーまま

私はデリケートゾーン専用の保湿を使っていますが、使わなかった時に比べてワントーン明るくなりました!お互い気長にケアを頑張っていきましょう!

ANOCOI Delicate Jam(アノコイデリケートジャム)

【ANOCOI Delicate Jam -アノコイデリケートジャム- 】とは黒ずみとかゆみのケアが1度にできる、『ANOCOI』から新発売した女性の為の新しいデリケートジェル商品です。

ヒト幹細胞培養液エキスをはじめ、高級化粧品に負けないくらい贅沢な成分を配合。

有効成分をカプセルの中に閉じ込める「リポソープ製法」という独自の技術で、確実にケアしたい部分に浸透できるようにしています。

ANOCOI Dlicate Jamおすすめポイント

  • ニオイ、黒ずみ、かゆみの3つの女性の悩みを1本で完結。
  • 匂いをケアする長続きする独自のフレグランス(フローラルフルーティーの香り)
  • 黒ずみケア「ヒト幹細胞培養液エキス」や塗る乳酸菌「ラ・フローラEC-12」・ニオイ原因菌の対策「Ag-P(銀イオン)水」、7種のジャムウ成分&9種のボタニカルオイルの贅沢な成分を独自技術でリポソーム化
  • ジェルタイプでベタつかず、使用後はサラっとした使い心地
  • 弱酸性で肌に優しい(防腐剤フリー・パラベンフリー・紫外線吸収剤フリー・殺菌剤フリー・石油系界面活性剤フリー・合成着色料フリー・サルフェートフリー)
  • デリケートゾーンだけでなく脇・バストトップ・ひじ・ひざ等の全身にも使用可能
  • ポーチにも入る携帯サイズ
ずぼらーまま
ずぼらーまま

これはデリケートゾーンの悩みを全てケアしてくれるオールインワン的な商品です。デリケートゾーンケア商品で悩んだらこれがオススメです!

【ANOCOI Delicate Jam -アノコイデリケートジャム- 】購入はこちら!

デリケートゾーンソープ ANOCOI

上記で紹介したANOCOIデリケートジェルと同じ会社が開発している、デリケートゾーン専用のソープです。

優しくパックして流すだけの簡単ケアで、

  1. ニオイ(ソープはバニラの香り)
  2. 黒ずみ
  3. ムダ毛
  4. かゆみ
  5. 引き締め
  6. フェロモン
  7. 保湿
  8. 美容液

と、こちらもソープひとつで8つのケアができるオールインワン。

使い方は3ステップで、数分のパックで洗い流すだけです!

公式サイトより

ANOCOIソープおすすめポイント

  • 8種のボタニカルオイルを配合
  • 30種の美容成分を配合
  • 甘くてエレガントばバニラの香り
  • 形状にはクリーム状を採用し、固形石鹸の高い洗浄力と液体石鹸の優れた保湿力
  • デリケートゾーン以外にもワキ、バストトップ、肘、膝、背中、デコルテ等、様々な箇所に使用できる
  • お風呂の中でデリケートゾーンのケアが完了できる

デリケートゾーンソープ【ANOCOI 】購入はこちら!

ANOCOIのジェルとソープどっちがいいか?

おそらく2つ使うことが理想だと思いますが、お金も手間もかかるので、

自分の好みでいいと思います!

私の場合、子供と入るお風呂ではパックしている時間がないと思い、ジェルタイプにしました。

市販のソープで痒みなどのトラブルを起こしやすい人はソープなど、自分の体調や好み、生活スタイルなどを参考に選んでみてください( ^ω^)/

まとめ

なかなか相談しにくいデリケートゾーンの悩み。

今回気づいたのが、デリケートゾーンって以外に乾燥していること。

生理やオリモノなどでいつも蒸れているイメージがあるのですが、実は肌自体は乾燥していて、その乾燥が黒ずみを悪化させていたのだと気づきました。

なかなか大きな効果を実感できるまでには時間がかかりますが、お互い地道に、

そして、出会いの増える春、露出の高まる夏までには自信を持てるように、今からデリケートゾーンのケアをしていきましょう!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました(* ᴗ ᴗ)⁾⁾

コメント

タイトルとURLをコピーしました