【コロナ予防接種2回目】30代夫婦の副反応と経過

レビュー
ずぼらーまま
ずぼらーまま

八月中ばにコロナワクチン2回目の接種に行ってきました!

一回目のワクチンを接種してから4週間後。ついに2回目の接種日がやってきました。

当日の副反応(朝10時にワクチン接種)

前回と同じく、3~4時間後から接種した患部を中心に腕が痛くなってきました。

1回目より若干痛みが強く、腫れも見られました。

30代 虚弱体質の私(女)の場合

10時 ワクチン接種。

夕方8時間たった頃から、

ふくらはぎに筋肉痛のような違和感を感じ、お尻〜全身筋肉痛のような症状が現れました。

20時ごろから発熱(37.5度)

全身の倦怠感と発熱を抱えてのワンオペはキツかったです。

2歳の息子には悪いが、しんどすぎてかーちゃん布団の上で寝たふりです。(。-ω-)zzz. . .

日付を変わる頃には38.5度に熱が上がっていました。

30代 夫(190cmメタボの場合)

当日午前中にワクチン接種が終わった夫はそのまま都内に出勤。

1回目がほどんど副反応がなかったので余裕こいでいたら、

夕方インフルエンザの初期症状のような状態に。悪寒がひどく、深夜帰りの電車の中を震えて帰ってきたそうです。

大男が電車で震えてたら怖いですよね。すいません、それは副反応と闘っていた私の夫です。

※外出中だったので熱は測れていませんが、おそらく発熱していた感じです。

翌日(2日目)の副反応

30代 虚弱体質の私(女)の場合

翌日は1日発熱(38.7度)と頭痛でダウンしていました。

副反応を見込んで、この日は両親に子供を預かってもらいました。

朝の準備(朝食の準備や食べさせたり、着替えさせたり)だけでしたが、私と夫はぐったりかなりグロッキー状態でした。

服反応+未就学児の子供を1日みるのはかなりきついと思います。一時保育や(義)両親などにお願いするなど、できるだけサポートしてもらえる環境を準備をおすすめします。

久々の高熱と頭痛が辛く、バッファリンと冷えピタで乗り越えました。

事前に副反応でも飲める風邪薬などを用意しておくことをおすすめします。

バッファリンを飲んだら熱と頭痛がすっと治って、二日目の午後から少し動けるようになりました。

30代 夫(190cmメタボの場合)

翌日朝はかなり倦怠感が強かったようですが、熱はなくなんとか1日在宅に切り替えて仕事をしていました。

1回目と打って変わって、2回目の副反応は辛そうでした。

3日目の副反応

この日から私・夫ともに、ほとんど副反応がなくなり、日常生活に戻れました!

私の場合、1回目の接種がだらだらと副反応が続いていたのですが、2回目のワクチン接種の副反応が強くでた代わりに、3日目にはほぼ副反応がなくなりました。

若干接種した患部が時々痒くなりますが、今回はリンパ節の腫れもなく、思うのほか順調に回復できました。

1回目2回目、私(女性)に患部の痒み、赤みはありましたが、夫は特になかったようです。

まとめ

幸い大きな副反応はなく、予想していた通り、

  • 発熱(38度代)
  • 頭痛
  • 全身倦怠感
  • 患部の腫れ・痒み

このくらいの症状で済みました。

筋肉痛のような症状は予想していなかったので、当日ちょっと歩きすぎたかなと思ったのですが、ふくらはぎの痛みの後に、お尻(坐骨神経痛)→腰(腰椎分離症)と痛くなってきました。

コロナワクチンによって、弱いところが痛み出したような感じでしょうか?(因果関係は不明ですが、古傷がある方、注意してみてください。

副反応の出方は千差万別ですが、30代夫婦こんな感じで無事に2回目終了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました