【子供はプライスレス?】切迫入院&出産費用を大公開

切迫入院
Sponsored Links
ずぼらーまま
ずぼらーまま

こんにちは!3ヶ月半の切迫入院から出産を終えて、入院費と出産費の支払い日(現実)がやってきました。今回は、感動も興醒めの入院・出産費用についてお話ししたいと思います。

入院から出産の総費用

まずは金額から発表します。

驚愕の・・・・・

170万円

家計大打撃\(^o^)/オワタ 
↑実際に受付で支払った金額です。

事前に通知は受けていましたが、改めて見るとすごい金額です。

人生で初めてこんなに多くの諭吉さんを持って支払いをしました。

うちの産院おかしいから現金でしか払えない。

子供はプライスレス
健康で生まれてきただけでいいじゃない

そう何度も言い聞かせてますが、この出費いまだに立ち直れていないw

費用の内訳

さて、この内訳をみていきましょう。

出産費用(合計入院6日)

分かる人には大体どこで産んだかわかってしまうかもしれませんが、横浜市で1~2を競う、出産費用が高いことで有名な産院で出産をしました。

  • ベース出産費用 ¥606,000円〜
  • +無痛分娩(和痛分娩) ¥150,000
  • +陣痛促進剤
  • +破水チェック
  • +休日出産 ¥20,000
  • +出産前の前泊費(破水したため。通常の出産費用に含まれない)

合計 約80万円ー42万円(横浜市出産一時金)

自己負担額 約38万円

すいません、細かい金額設定は忘れてしまったのですが、大体の金額の詳細はこんな感じです。

自分にとって一生に一度しかないイベントだし、少し贅沢してもいいかなと思って金額が高いことを承知で産院を選びました。しかし、休日加算、陣痛促進剤や破水チェック、破水のため入院が1日多くなってしまったなどイレギュラーな費用がかさみ、当初よりかなり高額な出産費用になってしまいました。

※無痛分娩は最初から希望していました。

出産のタイミングやその時々の分娩の状況により医療行為が増えて費用がかなり変わってきます。

切迫入院費用(約3ヶ月半)

  • 差額ベット代 ¥10,000(個室)¥5,000(4人部屋)/1日
  • 入院セット(入院着、歯ブラシなど) ¥5,000
  • 診察代
  • 食事代
  • 処方箋や薬代
  • その他諸々

合計 約132万円

まず、一番お金のかかったのは差額ベット代です。病院によっては大部屋は差額ベット代がかからないところもある中、うちの個人病院は大部屋でも1日5,000円かかります。入院当初大部屋が満床だっため、10日間は1日1万円の個室に入院してました。(個人都合だと1日4万円)

有無を言わさず渡された入院セット。大したもの入ってないのに5,000円はぼったくりだと思っている。ヽ(`Д´)ノ

切迫早産と診断されると数ヶ月の入院になることも珍しくありません。入院が長引くほど、経済的にも精神的にも負担となってきます。妊娠出産は本当に何があるかわかりません。出産入院以外の“もしも”の入院も考えて産院選びをするのが大事です。
(↑って過去の自分に言ってやりたい)

医療保険は妊娠前に入るべし!

たまたま医療保険に入っていたので後日請求して30万円戻ってきました。今回の切迫早産での入院の自己負担額は、約102万になりました。

ずぼらーまま
ずぼらーまま

タラレバですが、もっと手厚い妊娠出産に備えた保険に入っていればよかったと後悔しました。しかし、たかが30万されど30万。今回入院して保険の大切さを身に染みて実感しました。

切迫早産になったママたちが口を揃えて言っていた、

「まさか自分が切迫になるとは思っていなかった・・・」

まさに私もその一人。自分が切迫早産で長期入院するなど夢にも思わず、他人事だと思っていました。また必ず普通分娩で出産できるとは限りません。出産の途中で何らかのトラブルがあったりした時には、緊急で帝王切開や吸引分娩などによる出産になるケースもあります。少しでもお金のことを気にせずに妊娠・出産時期を過ごせるように、できれば妊娠前に医療保険に加入しておくことをオススメします。

入手しておきたい限度額適用認定証

限度額適用認定証とは?
医療費が高額になると見込まれる場合は、事前に「限度額適用認定証」を用意することで、病院からの医療費請求額を自己負担限度額までの金額(月単位)にとどめることができ、医療費の窓口負担を抑えることができます。

ずぼらーまま
ずぼらーまま

病院窓口での支払いを自己負担限度額までにしたいときには必ず「限度額適用認定証」を入手しておくことをオススメします!

私も高額療養費制度のことを事前に調べ、入院中に限度額適用認定証を入手していました。

しかし一個盲点が・・・

適用となるのは医療費のみ。食事代、差額ベッド代等は含まれない。

実際私の場合、限度額適用認定証を利用しなくても、金額的にあまり変わらなかったです。「高額療養費制度」が適用されるのは、帝王切開や切迫早産、産後のトラブルなどでの入院など健康保険が適用される部分の支払いなので、一番高額な差額ベット代が適応されず高額療養費制度の恩恵はあまり受けられませんでした。

私の場合は金額的にあまり変わりませんでしたが、

急な帝王切開など出産にはトラブルがつきものです。申請して使わなくても問題がないので、経過が順調でも「念のためのお守り」と考えて申請しておくと安心ですね!

※高額療養費制度は支払い後でも後から利用できますが、産後はまじでクッ○忙しいのでできれば事前申請を強くオススメしたい。

まとめ

今回の出産で学んだことは、

妊娠・出産は予想外にお金がかかる!

確かに子供はプライスレスだけど、できれば大きな出費は避けたいもの。
産後体のリカバリーに加えて、お金のリカバリーは大変(TдT)
それを最小限にしてくれるのが医療保険だと思います。
とりあえず、一に保険二に保険!
あとは、不測の事態も考慮して、産院選びもとても大事だと思いました。

例えば、もし切迫流早産で入院した場合

  • 差額ベット代はかかるのか
  • 入院費はカードで支払えるのか etc..

綺麗な個室、豪華な食事、産後のエステなんて二の次だったよ・・・

私のような高額な妊娠出産にならないように、妊娠希望・妊娠中の方が保険を見直すきっかけに、また産院選びの参考になれば幸いです。

コメント

  1. […] 【子供はプライスレス?】切迫入院&出産費用を大公開3ヶ月半の切迫入院… 病院側のお願いで個室に入っても、1日10,000円かかります。これは珍しいケースですが、満室になって部屋がない場合など、倉庫部屋に入院するケースがありますがしっかり1日6,000円チャージされます。 […]

タイトルとURLをコピーしました